Game内やBumanの生活を中心に思いついたら何でも書くBlog Link Free


by Buman_fujiko

ミドリフグとの出会い・・そして・・・。

高校時代の友人が某水槽メーカーのせがれという事で前から
水槽クレクレ言ってたんですよ。
娘達に熱帯魚みせて喜ばせたいなぁなんて気持ちでいたんですけど
ちょうどGW前辺りに水槽とろ過装置等のセットをくれて
これ幸いとばかりにGWは家族でホームセンターやら
熱帯魚屋さんに買い物行って足りないものを買い足したりしてたんです。
色々とネットで調べてみると何やら器具をセットして魚をいれずに1週間くらい
空回しをして水を作る事から始めないといけないらしい。
昔学生の頃ネオンテトラ飼った事があったときはそんな情報もなかったし
夏に温度対策しないまま茹で上がってしまって☆になってしまった経験が
あるので今度はそうならないようにすぐ魚を入れないように我慢します。
GWの最後にでも魚買って来て入れられればいいかなって思ってました。
そんな時、上の娘と近くのスーパーに買い物を頼まれてそこの
ゲームコーナーでミドリフグを見つけてしまったんです。




特に運命を感じたとかそういうことではなく家に水槽もあるしちょっと早いけど
入れてもいいかな、嫁さんにフグ取って来たって言ったら驚くかなって気持ち
だけで400円かけてミドリフグをゲットしました。
帰ってすぐ嫁にみせると期待通り驚いてくれたものの汽水で飼うんだよね?
と耳慣れない言葉を・・・。さっそくネットで検索、むむ?淡水じゃ飼えない?
汽水という川が海に流れ込む海水と淡水の入り混じった状態で飼育する
必要があるようだ。  さて今作ってる水槽には入れられないぞと・・・。
このまま小さいプラスチックの入れ物に入れておくのも忍びないので
あわてて汽水の水槽を作るべくまたホームセンターへ行くものの
既にかなりの金額をかけてるので予算が無いに等しく・・・。
小さい30cm水槽のセットと人口海水のもととサンゴ砂、比重計、
その他諸々を買って帰りました。
数百円のフグが1万円を超える出費だなんて嫁さんの
視線がきつくて仕方ありません。
名前は娘と一緒にグーちゃんと名づけました。

すぐに水槽に入れてしまうのは色々なミドリフグ関連のBlogやらみて
駄目そうだとは理解したもののこのまま小さな入れ物にいれておくのも
よくないらしい。思い切って翌日に水槽にいれてみました。
今思えば既に弱っていたのかだいぶ痩せてた気もしますが
そのときは少し広くなった水槽を珍しそうに見て回ってました。
体色はやはりお腹まわりが黒みががっていてグーちゃんが調子悪いことを
物語っています。まともに餌も食べてないだろうと思って乾燥赤虫をあげる
ものの見向きもせず、このまま食べないと困るので翌日に違う餌、
乾燥クリルを買ってきます。
食べなかったらどうしようと悩むもののミドリフグなら絶対食べると
言われている冷凍赤虫を冷凍庫に入れる許可が嫁さんからおりません・・・。
まだ1歳の子がいる我が家では拒否するのは当然の事ですし
嫁さんは責められません。
乾燥クリルはかじってくれました。ほっとするものの
少しかじる程度でやめてしまいます。
他のBlogでみるようなお腹がポコンとする姿は見た事ありません;
よし生餌だと思ってあさり、剥きエビをかって水槽に落としてみますが
見向きもしない・・・。
それでも元気な時は上下運動してたりクレクレと言わんばかりに
クリルをせがむ姿も見られましたがあまり食べないのでどんどん痩せて
いってしまいました。
もうこの頃にはグーちゃんにかかりきりで子供と遊ぶ事もそっちのけでしたw
だんだん元気がなくなってくるグーちゃんを見つつ
必死に状態を見守るおいらの真剣なまなざしに負けたのか
嫁さんから冷凍赤虫OKという許可が出ました。
でも残念ながらその晩ぐったりとしてきて翌日の朝には☆に・・・。
グーちゃんがうちに来て2週間目の朝でした。
同じ境遇の方が大勢いるようでそういうサイトを参考に
当然水変えも頻繁に行いましたが検査薬も無かったし
水の状態を把握するまでには至らなかったです。
出来る限りの事はやってみたつもりですがやはり至らなかったのでしょう。
グーちゃんが天国でお腹いっぱい食べれますようにと
クリルと一緒に庭に埋めました。
これがおいらとミドリフグの第1章です。
[PR]
by buman_fujiko | 2009-07-01 18:50 | ミドリフグ関連